院長・副院長挨拶

院長あいさつ

メッセージ

松岡メディカルクリニックは、内科、整形外科の診療科を標榜しており、私院長が整形外科、副院長が内科の診療を担当することによって、全般的な診療を行いそれぞれの病状を検討し、ひとつの診療録にて各科情報を共有することによって皆様の病状に応じた安全な医療を目指しております。

当院の安全な医療の取り組みの一環として平成20年3月に国際規格である、ISO9001を認証取得いたしました。また、医療・介護部門をとうして皆様の日常の状態を把握することによって健やかな生活を支えていくお手伝いができればと願っております。

そのためには当院職員は皆様のご要望に応えうるよう最大の努力を惜しみません。皆様のお声をいただければと思っております。

院長略歴

昭和52年    3月
熊本マリスト学園高校卒業
平成元年    3月
帝京大学医学部卒業
平成元年    6月
熊本大学医学部 整形外科
平成元年   12月
人吉総合病院 整形外科
平成3年     4月
済生会熊本病院 整形外科
平成5年     4月
竹田医師会病院 整形外科
平成7年     4月
熊本赤十字病院 整形外科
平成8年     6月
大分整形外科病院 整形外科
平成11年    4月
松岡メディカルクリニック 整形外科

現在に至る

主な専門領域

  • 整形外科
  • リハビリテーション科
  • リウマチ科

資格

  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本体育協会公認スポーツドクター
  • 日本リハビリテーション医学会専門医
  • 日本リウマチ学会専門医

所属学会

  • 日本整形外科学会
  • 日本リハビリテーション医学会
  • 日本リウマチ学会
  • 九州リウマチ学会
  • 日本手の外科学会
  • 日本骨折治療学会
  • 西日本整形・災害外科学会

副院長あいさつ

メッセージ

私はこの松岡の地で長年生活をしております。松岡小学校に通い、40年間大きく様変わりしてきた松岡をみてきました。しかし、そこに生活する人々は変わることなく土に親しみ、家族、地域、自然を大切にしております。

現在、学校医として私が卒業した松岡小学校の子供たちとふれあう機会もあり、エネルギーをもらっています。

昭和44年  父  小代宏暢が当時医師の不在であった松岡に小代医院を開設しました。"松岡の方が、地域で医療を受けられるように"という意思を受け継ぎ、この地で医療にたずさわれる喜びを感じております。

専門はと聞かれれば、消化器内科ですが、私が医学部を卒業後、大分医科大学第2内科で研修をさせていただきました。その時、まずは内科のいろんな病気も診れる内科医になることが大切であると教えられました。 それこそが、この地域における医療を支えるものと心に刻まれました。

その後、大学院で研究にも携われることができ、いくつかの病院で勤務をしてきました。
それぞれの地域の方、先輩、同僚に支えられ、平成11年松岡で診療をできることとなりました。
心から感謝を申し上げるとともに、その糧を地域医療に生かしていきたいと考えております。

院長略歴

昭和52年   3月
大分舞鶴高校卒業
昭和60年   3月
東邦大学医学部卒業
平成5年    3月
大分医科大学大学院卒業
平成5年    8月
大分医科大学附属病院内科
    
(現:大分大学医学部付属病院)
平成5年    8月
大分国立病院 消化器科
    
(現:大分医療センター)
平成6年    6月
竹田医師会病院 内科
平成11年  4月
松岡メディカルクリニック 内科

現在に至る

主な専門領域

  • 内科
  • 消化器内科

資格

  • 医学博士
  • 日本内科学会 総合内科専門医
  • 日本消化器病学会 消化器病専門医
  • 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 介護支援専門員

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本透析医学会